FC2ブログ
2021年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012'04.10 (Tue)

2012年4月10日 面会報告

ちゃこです!
本日、牛久入管へ
難民の方と面会に行ってきました~



私自身としては
今回が初めての面会でしたが
いろいろ思ったことがあったので
忘れないうちに
(しかも今日のうちに)
それについて
書いてみようかと思います♪


まず
面会するまでは
不安でいっぱいでした。

施設のなかが寒かったせいなのか、
おそらく個人情報を守るためだと思うのですが
人を数字で呼ぶ
病院みたいな雰囲気と
(「○番の方、▲番の面会室にお入りください」的な)

面会する方と
きちんとコミュニケーションがとれるのかという心配
があいまって
なんとなく怖い
感じたのが正直な感想です;;




ですが
実際に面会をしてみると
これは全くの偏見に過ぎないなということを痛感しました

私が面会した方はバングラデシュの方で
オーバーステイにより
収容をされてしまった人なのですが
日本語がすごく上手なかたで
「日本語の勉強をしたい」とおっしゃっていました。

ほっぷと一緒に面会したのですが
最初は本当に
何を話したらいいのかわからず
ほっぷの話題の豊富さに
圧倒されました!

想像以上に会話が弾み、
私が少しずつですが
話題を提供できるようになったころには
面会時間が終わってしまい
もっと話したかったな
という気持ちになりました。


今回の難民の方との面会は
私がそれまで抱いていたものとは
全く違い、
たまたまその方の収容期間がまだ短いこともあってか
明るい方で楽しく会話できました^ ^が
なかには
何と話しかけていいのかわからないくらい
気分の落ち込んだ人もいるそうですbyほっぷ氏



私が実感したのは
Cloverの活動が
必要とされているということです(`´)!

今日偶然お会いした
とある収容経験のある方(仮放免中?)が
こんなことをおっしゃっていました。

ちょうど飢えている人が
食べ物を貰って
元気が出るのと同じように

中に収容されている人は
収容所の外にいる人を見るだけでも元気が出るし
なかには『今日、Cloverと面会したんだぜ~』と
ほかの難民の方に自慢する人もいる

飢えている人は食べ物を貰うと
お腹が満たされるが

Cloverは
中にいる人の心を満たしてくれる

と。


収容所に入ったことのない私たちは
収容所の中が実際どんな雰囲気なのか
わかりませんが

中にいる人たちが喜んでくれているのが
事実なら

こんな嬉しいことはないと
思いました


Cloverの活動は
続けなければ…!!!

使命感のようなものを
感じました。


ちゃこ


スポンサーサイト



17:36  |  面会して  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cloveryouth.blog109.fc2.com/tb.php/233-c52518a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |