FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012'04.08 (Sun)

♪日本語サポートチーム紹介♪

こんにちは!日本語サポートチームです^^

今回は、CLOVERのチームの一つである、日本語サポートチームについてご紹介したいと思います(*^^*)ノ

日本語サポートチームのコンセプトとしましては、以下の3つが挙げられます。

1)被収容者(東日本入国管理センターに収容されている方)の「日本語を勉強したい!」というニーズに応える

2)日本の政府に対しては好意的な感情が抱けないかもしれないが、日本語・日本文化を好きになってもらいたい

3)自分たちも日本について詳しくなる♪英語で日本文化を紹介できるようになる♪

このようなコンセプトのもと、私たちは毎週面会に行く度に、日本語の教材を差し入れしています♪

活動内容としましては、

1)ひらがな・カタカナ・漢字の練習教材の差し入れ
2)日本文化を紹介するコラムの差し入れ
3)作文添削
4)確認テストの作成
5)面会時質問対応

などを行っています。

メンバー

あさみ(国際総合学類2年・チーフ)
たけちゃんさん(国際総合学類3年)
れいな(国際総合学類2年)
ふみか(国際総合学類2年)


そしてそして、日・日(にちにち:日本語・日本文化学類)所属、日本語教育のプロフェッショナル!2人

まりこちゃん・ふみかちゃん!


この総勢6人で活動しています!



<メンバー随時募集中!!!>

留学する前に、日本について詳しくなりたい!
日本文化を英語で伝えてみたい!
教えるのが好き!
日本語教師になりたい!
新しい教材を考えてみたい!
語学が好き!
なんとなく興味がある!

もし、日本語サポートチームに興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひあさみまでお問い合わせ下さい(^ω^)v

ここまで読んでいただきありがとうございます♪
まだまだ、CLOVERには面白くて興味深いチームがありますので、どうぞお楽しみに!
19:52  |  CLOVERについて  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'01.31 (Tue)

企画チーム紹介

こんにちは!!

企画チームのはっせーです

今回は私の所属する企画チームについて少し紹介させていただきたいと思います

CLOVERが活動の軸としている難民問題は、残念ながらまだまだメジャーな問題とは言えません

ではひろくこの問題を認知してもらうためにはどうしたらいいでしょうか

ここで必要なのが、CLOVERを広く知らせる広報チームと、私たち企画チームだと思います

そこで私たち企画チームは、難民の方CLOVERやその他のユース団体やNGO団体一般の方々をつなげることの出来るようなイベントを企画したり、そのようなイベントでの出し物を企画します

去年は12月17日にイーアスつくばのホールであなたの一歩で世界がつながる~難民交流会2011~を開催しました
また、J-FUNユースさんのイベントへの参加や難民フットサルへの参加もしました

今年もこのようなイベントの企画や参加を予定しています

次に私たち企画チームのメンバー紹介をしたいと思います(・□・)/

はっせー(1年)
りみ(1年)
けいた(1年)
涼香(1年)
みゆっきー(2年)


OB・OGメンバー
かおる(3年)
かずへー(3年)
うっちー(3年)
とーちゃん(3年)

です!!

最後に・・・

今年も企画チームは、新しいことに挑戦したり、今までやってきたことをより良いものにしていくため頑張っていきます
難民交流会2012ver.も企画する予定です!是非来てください
また、他大や一般の団体で何かイベントを企画している方
私たちは他団体との交流をもっと行っていきたいと思っています
もしCLOVERに興味を持っていただけたら、ぜひぜひ声をかけていただけると嬉しいです
23:07  |  CLOVERについて  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.09 (Thu)

翻訳チーム紹介(^O^)/

こんにちは!
翻訳チームの紹介をさせていただきます\(^0^)/
翻訳チームのすみれと申します♪


翻訳チームの活動内容は主に2つ!
1.翻訳コーディネート
2.翻訳チェック

翻訳コーディネートは、
CLOVERのもとに届いた翻訳依頼を管理し、
CLOVERメンバーや外部の方に翻訳協力の募集をかけるという作業です。
翻訳依頼された原文はスキャンしデータ化するので、
メールで送れて、遠く離れた方にも協力していただけるんです!
最近では、うれしいことに翻訳依頼数も増えてきています
翻訳チームメンバーだけでは、人手不足で翻訳が間に合いません。
翻訳チームはみなさんに支えられているんです。

翻訳チェックでは、
翻訳していただいた文章を、翻訳チームで協力して、誤りがないかチェックしています。
1人で行った翻訳だと解釈が不安だったり、些細なスペルミスがあったりします。
そこで翻訳チームメンバーが話し合いながら、チェックをするんです。
この作業がとっても重要!!!
集中力のいる作業です。
私が行った翻訳も、よくチームメンバーに直してもらっています
責任を持って翻訳していますが、このチェックがあるからこそ、安心して取り組めるんです
チェックした翻訳をコピーし、収容所に差し入れしたり、郵送したりします。


そんな翻訳チームの精鋭たち!
ヒダヤさん(国際総合学類2年)
田中清鈴(国際総合学類1年/チームチーフ)
寺井藤香(国際総合学類1年)
岡幸穂(国際総合学類1年)

そして素敵なOG・OBのみなさん
かずへいさん(社会工学類3年)
しゅんさん(知識図書情報学類3年)
えっちゃんさん(生物学類3年)
ざごちゃんさん(社会工学類3年)
かよさん(国際総合学類4年)
ラチンさん(社会学類3年)


遅くなってしまいましたが、
なんで難民と共に歩むユース団体CLOVERに翻訳活動が必要なの?
と思った方もいらっしゃるかもしれません。

私たちが翻訳しているものの中で一番多いのが、
難民申請異議申し立てに使う資料です。
実は、日本では、難民申請異議申し立ての資料は日本語のものしか認められていないんです。
入国管理センターに収容されている、または仮放免中で外に出ている難民申請者の方たちは、
もちろん外国の方で、日本語を書くという作業はとても大変なことです。
しかし、プロの翻訳家に依頼するとかなりの額を払わなければなりません。
それは難民申請者にとって大きな負担になってしまいます。

それならば、
難民申請者のために
CLOVERがボランティアで翻訳をやろう!

というわけです。
異議申し立ての資料は、申請者直筆の訴えであったり、母国で起きた事件の英字新聞であったり、
家族からの手紙であったり、母国からの重要な文書であったり、とさまざまです。
異議申し立ての資料以外でも、医者の診断書が日本語で分からないから翻訳してほしい、
自分の裁判判決文を家族に読ませたいから母国語にしてほしい、などいろいろな依頼があります。
CLOVERで扱う翻訳は主に、英語→日本語日本語→英語ですが、
帰国子女の方や留学生の方にも協力していただいて、
できるだけさまざまな依頼にこたえられるようにしています。
過去、ペルシャ語やスペイン語も対応しています。

翻訳チームの活動は、難民の方々のニーズにマッチしているし、
もっとも直接的に支えられているかな、と思います。
そして私たちも、翻訳したお礼の手紙が届いたりして、
これからも頑張ろう、と思えます。
私たちも支えられているんです。

最後に翻訳チームの今後の方針!
①翻訳の質を高めること 
 先に述べたように、扱う文書はとても重要なもので、
 難民になれるかどうかにかかわりますから、翻訳活動は難民申請者の方の人生に影響することでもあります。 
 ボランティアだからといって、学生だからといって、妥協することなく、
 質の高い翻訳をこれからも目指します!
②翻訳チームの活動に、思いやりや愛情を忘れないこと 
 翻訳チームの作業は、パソコンを使ったデータ管理や翻訳文のチェックなど、
 機械的になりがち、仕事っぽくなりがちです。
 しかし、その中でも、難民の方への思いを忘れず、役に立ちたいのです。
 翻訳文以外にメッセージカードを届けるなどしています。
 翻訳を期限に間に合わせてお届けすることで
 「自分にも協力してくれる人がいるんだ」と難民の方の心が明るくなれば本望です。


最後に…
翻訳活動は本当にやりがいがあります。
難民の方の心からの訴え。母国で何が起きているのか。
難民の方それぞれに、それぞれの人生があるんだな、と痛感させられます。
私たちは翻訳活動から学ばせてもらっています。

翻訳チームメンバーや翻訳協力者、随時募集中です!
たくさんいればいるほど、たくさんの依頼にこたえることができます。
もし興味を持ってくださったら、ぜひぜひCLOVERにご連絡を!

長くなりましたが、
読んでくださってありがとうございました。
これからも精一杯頑張ります!
14:10  |  CLOVERについて  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.06 (Mon)

面会活動

▼はじめに▼
CLOVERは、2010年末から毎週水曜日および大学の休校日に、
東日本入国管理センター(牛久収容所)
被収容者の方々(主に難民申請者の方々)との面会活動を行っています。

全国各地にある外国人収容所の中では、自国の迫害から逃れて日本にやってきた
難民申請者の人々が収容されています。

彼(女)らは、将来が見えない恐怖不安と闘いながら、毎日を過ごしています。

難民申請者の声なき声にいかに耳を傾けられるか…

面会活動は難民と共に歩むためには必要不可欠な活動です。
 
みなさんも、まだ見ぬ世界をのぞいてみませんか?

面会活動に興味がある方は、
cloveryouth@gmail.com にご連絡ください。


▼面会への姿勢▼
(1)面会の目的
・知って外部に伝える
・当時者のニーズを調査
・心のケア

(2)面会シートについて
CLOVERでは、面会の際の記録用紙(CLOVER面会シート)を用意しています。
項目としては、個人情報(名前・出身国・日本入国日・民族・難民申請の状況など)、
収容所での暮らし(食事・1日の過ごし方・健康状態など)、
当事者のニーズ調査(日本の難民問題への考え、CLOVERに望むこと)などを挙げています。

もちろん、個人情報のため、被収容者の方の中には、
「話したくない」、「不快だ」と思われる方もいらっしゃるので、
様子をみさせて頂きつつ、伺える範囲でお伺いしています。

▼面会の方法・内容▼
(1)東日本入国管理センター(通称:牛久収容所)概要
名称:東日本入国管理センター
所在地:〒300-1288 茨城県牛久市久野町1766
電話番号:029-875-1291 029-830-9010(FAX)
業務内容:収容送還
窓口受付時間 執務時間:8時30分~12時、13時~17時30分(土・日曜日,休日を除く)
面会受付時間:9時~12時、13時~16時(土・日曜日,休日を除く)

(2)面会に必ず必要なもの
保険証・パスポート・運転免許証のいずれかの身分証明書
→面会申請書類に証明書の登録番号などを書き、受付の際に身分証明書を申請書類と共に提出する必要があります。
※外国人の方は、外国人登録書が必要です。

(3)面会までの大まかな流れ
①番号の紙をとる
受付には、銀行などのように、受付の順番を決める受付番号の書かれた受付番号の紙が受付の前にあります。
この番号の紙は受付終了時までなくさないようにします。

②面会申請の書類に記入・サイン
面会をするには申請書類が必要です。申請書類に示された必要事項を各自記入します。
一度に何名とも面会したい場合は、その分の枚数を書く必要があります。
申請書類は受付の前にあります。

③面会申請の書類を受付に提出
受付の番号を呼ばれたら、②で記入した申請書類と身分証明書を持って受付へ。

④待ち時間
ここから少し待ち時間があります。
待ち時間の長さは、その日の面会希望者の多さなどによって変わります。
受付近くにソファーがあります。

⑤受付番号を呼ばれたら扉の前へ
受付の近くには、面会する部屋に通じる扉があり、面会の準備ができると、
受付番号が呼ばれます。同時に数室ある面会室のうち、利用する室番号が告げられます。

⑥余計な荷物をロッカーへ
携帯電話・ゲーム・PC・録音機器・飲食物等は面会室に持ち込み禁止です。
⑤で入った扉の先にはロッカールームがあるので、そこで余計な荷物をロッカーに入れます。
その右横にあるのが、面会室の並ぶ廊下への扉です。

⑦面会室へ
場合によっては、被収容者の方がまだ部屋に到着していない場合があるので、
入室したらとりあえず椅子に座ります。

(4)面会時に関して
○面会時間:1回あたり30分
(面会者が多く、面会終了時刻が迫っている場合は変更される場合あり)
⇒30分経った時点で係の方が知らせに来ます。

○部屋の様子
※部屋の広さは各面会室によって多少違いますが、ほとんどは面会希望者が座れて最大5人です。
 被収容者側の人数も最大5人ほど。

○注意事項
面会の際の使用言語
⇒被収容者によっては日本語も可能。上手な方も多いです。
 ただし、中には、英語のみ、母国語のみの方もいらっしゃいます。
部屋は完全にプラスチックの板で仕切られているので、直接物の受け渡しを行うことはできません。
⇒係の人を被収容者側から呼んでもらって、係の人を通して行います。
面会後、被収容者に渡したいものがある場合は、受付でお願いすることが可能。
(事前に最初の受付でお願いすることも可能)
個人情報を聞かれた場合、できるだけお答えされないようにお願いします。
 (トラブルを招くことがございます)
00:16  |  CLOVERについて  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.18 (Wed)

★面会チーム紹介★

みなさんこんにちは!

今回は面会差し入れチーム改め...
面会チームの紹介です!!

改名の理由は、
活動内容が今までよりも
パワーアップしたからです。
後程詳しくご紹介します^^


まず、活動目的!!!

CLOVERの柱である面会活動を円滑に行い、
被収容者(東日本入国管理センターに収容されている方)のニーズに応えたい!!

★そのために“少しの協力が生きる希望となる”という理念で 
CLOVER以外の人たちとも国際協力の輪を広げる!!です。


次に、活動内容!

・面会のマネジメント(→面会にいく準備)
・面会者の管理(→データの更新、個人情報管理)
・グリーティングカードの差し入れ(→年賀状やバースデーカード)
・辞書等不要物品の回収&差し入れ(→告知と回収、各フロアに差し入れ)
NEW!!・文通(→メンバーとの交流の仲介)

・出版甲子園に参加→本を出版できるか交渉中!!!(とみ&ぐみ)


*不要物品の回収について
(23年度の回収は終了しました。ご協力ありがとうございました)

これは、
学生や各図書館、市民に寄付してもらえるようお願い・回収
をしています!

23年度の実績は、




24年度以降も
ぜひご協力お願いします!!!(^^)/


気になるメンバーは…

チーフとみ(国際総合学類・1年/3th)
     ・よーちゃん(国際総合学類・2年/2th)
     ・めぐめぐ (国際総合学類・1年/3th)
     ・ぐみ   (生物資源学類・1年/3th)
     ・みほし  (国際総合学類・1年/3th)


OB&OGメンバーは…
     ・ちか(国際総合学類・3年/1th)




差し入れ物品
差し入れ物品の一部です。


そこのあなた!
面会に行ってみたい
使っていない辞書がある
国際協力に興味がある
マネジメントに興味がある
顔が広い  などなど...
興味があったら、ぜひお声をおかけください!!
MAIL:clover.menkai@gmail.com



ではでは、また
20:24  |  CLOVERについて  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT