2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'12.06 (Fri)

あなたの一歩で世界がつながる~CLOVER難民交流会2013~

11月30日は
あなたの一歩で世界がつながる
~CLOVER難民交流会2013~

でした*゜(´`)ノ

このイベントで全体統括をさせていただきました、ちーちゃんです。

CLOVER難民交流会も今年で4回目を迎えました。
お越しくださった来場者のみなさま、本当にありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。
至らない点も多々あったとは思いますが、
それでも、この交流会を通じてみなさまが何かを得ていたら嬉しく思います。


去年の交流会が終わったとき、企画チームのメンバーで
来年はどうする!?って話が出たのを今でも覚えてます。
去年の交流会が素敵な形に完成したので、
そこから来年の、また別の交流会を想像することが難しかったんです。

プログラムの内容としては、OPに始まり、プレゼンテーション、グループワーク、EDという
去年と同じ流れでしたが、それは伝えたいこと、目的を明確化した上での結果でした。

そして個々のプログラムの中で、今年なりのオリジナリティーを出しまいた。
劇は、日本の難民問題・収容所の問題を全く知らない人にとって“分からないこと”はなんだろう?と考え、
グループワークではこの会の中だけで終わるのではなく、
次に続けてもらうにはどうしたらいいかと念頭において、
展示では説明しきれないCLOVERの活動や、収容所の中にいる人の生活、気持ちを伝えようとして、
各担当のの中で、目的を達成するために、今年の“良さ”を作ってくれました。


そしてOPから司会、EDの流れでできた“物語”があります。
あの司会の2人は、ふと見つけた本を読む、という一歩を踏み出しました。

来場者の方へお配りしたしおりのメッセージ
Your one step connects the world.』(あなたの一歩で世界がつながる)
これはCLOVERが難民交流会を始めたときから掲げているタイトルでありメッセージです。

きっとみなさまはこの交流会に来るという一歩を踏み出したと思います。
(そしてメンバーは交流会を初めてor新しく作るという一歩を踏み出せたのではないかな。)

その中で、何らかの感情を抱いたのでは。
楽しかった、勉強になった、嬉しかった、
もしくはつまらなかった、分かりにくかった、難しかった。
何だって良いんです。
気持ちが人を動かします。
動くためには一歩が必要です。
そしてその一歩でまた新たな気持ちを抱き、進んでいきます。
進んでいく中で、色んな人との出会いもあります。
そうして世界はつながっていきます。

みなさまにお配りしたしおりには、この交流会に来て抱いた気持ちを忘れずに、
そこから一歩踏み出してほしい、そして世界がつながってほしいという想いをこめています。

私たちCLOVERメンバーも、今回の一歩を忘れずに、さらに進んで生きたいと思います。


まだまだ未熟な私ですが、周りの人に助けられ、支えられながら、
この交流会を作ること、成功させることが出来て、本当に幸せです。

心からのありがとうという想いをこめて
今回の報告を終わります。


最後に、
大好きな大好きなメンバーと共に……*゜
難民交流会2013


スポンサーサイト
03:20  |  その他の活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.12 (Fri)

あなたからクローバりぜーしょん!!


620世界難民の日

ということで
今年は6月17日~21日に筑波大学で写真展
その名もあなたからクローバりぜーしょん!!開催しました♪
図書館2階、そして筑波大学3A1階ラウンジを使って、プロのカメラマン佐藤慧さん、吉田亮人さん、白川徹さん、そして学生の奥祐斉さんにご協力いただいて、南スーダン・ビルマ・アフガン難民、そしてシリアの子供たちの写真を展示させていただきました! 「難民」と一口にいっても、一人一人にドラマがあり、いろんな難民がいる!ということを感じ取ってもらえるような内容の写真展になっていたのではないかと思います♪

申し遅れましたが、
私、今回この写真展企画の統括をやらせてもらいました企画チームのこえみ(べス)です!!
去年からずっと世界難民の日に何かしたい、したい!と言い続け、ようやく今年写真展という形でこの日をつくばから発信できたこと本当にうれしく思います><気づけばいろんな人との繋がりができていて、最初にイメージしていた以上のものを作り上げることができたのではないかと思います。(写真展見に来てくださった方で、感じるところありましたら、この文章のコメントにその旨を書いていただけると非常にうれしく思います)協力してくださったカメラマンの方々をはじめ、J-FUNのスタッフ、写真展を見に来てくださった方々、いつも応援してくださっている方々、そして何よりCLVERメンバー本当にありがとうございました!!みなさんがいたからこそ、このイベントを無事に終えることができたと思います:)


個人的な話になってしまいますが、、、
私と難民の出会いは小学生の時でした。当時の私には難民という存在は衝撃的で、その時漠然とこの人たちのために何かできる人になりたいと思っていました。そして、大学生になり、CLOVERに出会いました。日本の難民問題についてはうっすらと耳にしてはいましたが、現状についてはよく分かっていませんでした。将来難民問題関連の仕事に就こうと思ったとき役に立つかもしれないとの思いで、CLOVERに入ることを決めました。しかし、1年間という月日を通して、CLOVERの活動、先輩との話を聞くうえで、CLOVERという団体はただ「難民支援」の団体ではないことに気づきました。

Care&Love(気遣いと愛)
私たちの基盤は常にここです。しかし、これは決してFor Refugeesだけではなく、誰に対してでもです。
人は誰でも一人で生きていくことはできません。支えあってこそ生きていけます。そして、人が互いに協力して生活していくときに必要になるのが、Care&Loveから成る信頼関係。Care&Love?ここで疑問に思う人は多いかもしれません。抽象的で目に見えるものではないので、、、
私はCare&Loveとは人を思いやる、想う心だと考えています。自分のことだけではなく、他人のことを考えるその時間、その姿勢、それがまさしくCare&Loveです。例えば、あなたと親しくしている友人が病気になったとしたら、あなたはその子が大丈夫かどうか心配になると思います。なぜ心配するのか、そこには友情という名の愛があるからです。普段は自分のことで頭がいっぱいかもしれない中に、病気になった友達のことがあなたの頭の中に入ってくる。これが人を想うことであり、Care&Loveに基づいた行動です。


Care&Love、人を想う心、これがありされすれば、すべての人間関係、そして社会はより住みやすくなる、と信じています。だからこそ、世界難民の日ということをきっかけに、日本の難民問題について現状を知ってもらうとともに、“難民”について考える時間を持ってほしい!しいては、難民にとどまらず、自分の身近にいる人のことを想えるようなきっかけになればいいと思っていました。

身近にいる人へCare&Loveをもって行動することで、それは巡り巡って社会問題の解決につながります。Care&Loveを広めて、グローバル化ならぬクローばる化を進めていけたらいいなと思って
最後に展示物にもあったこのフレーズを引用したいと思います。


クローばるな社会
人が他人にCare&Loveをもって接している社会
人は他人に「関心」があり、困った事があれば助け会える
人と人との繋がりが強く、たとえ大きな問題に直面しても繋がりの強さで乗り越えられる
Care&Loveのあふれる社会

あなたからCare&Loveであなたの目の前にいる人、身の回りにいる人に接してみたください
あなたの力で思いやりのあふれた、住みやすい社会にしてみませんか?

あなたからクローバリーぜーしょん!! 



あなたからクローバりぜーしょん!!
17:51  |  その他の活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.20 (Sat)

辞書回収&初出張授業

お久しぶりです。ぽったーです。
ホントは一か月前に書いてたはずなのにごめんなさい(´;ω;`)

さて今回は並木中で行った辞書回収CLOVER初の出張授業に関してです。

辞書回収は並木中の生徒さんたちが学校で使わなくなった辞書を回収してくれ、それを回収するのと同時にCLOVERの活動や難民に関しての出前講義的なことをしてきました!!

今回協力してくださったのは中高一貫の並木中等学校の三年生。話を聞いてみるとなんと国際問題に興味があって今回はその一環とのこと!!みんな意識が高くて驚かされました…刺激ですね。

また、辞書回収と同時に今回は出前講義してきました。とみーさん、ぐみさん、えにもさんがCLOVERの活動や団体について説明!!さすがに興味あるだけあってみんなまじめに聞いててくれてよかったです。

今回は辞書回収に加えて初の出前講義。CLOVERにとっても大きな意味のある一日だったと思います。では最後に一枚。



22:03  |  その他の活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'12.10 (Mon)

あなたの一歩で世界がつながる~CLOVER難民交流会2012~

12月8日(土)は、
あなたの一歩で世界がつながる
~CLOVER難民交流会2012~

でした。
参加してくれたみなさん、本当にありがとうございました

企画チームのチーフである私、長谷川綾(はっせー)は、
今回2度目の交流会全体統括をやらせてもらいました。

去年はすべて初めてで、自分の周りのことをやるので精一杯だったのですが
今年はもっと広く、交流会の全体像を見ながら、取り組めたかなーと思います
けれど、統括ミーティングでも全体ミーティングでも
CLOVER以外のことが忙しくなると、完全に交流会に集中できないこともありました><
もう一人の自分が
「もっとみんなが考えてくれた案に色々コメント出せるでしょ!何やってるの!」
って言ってるときもありました。
みんな、ごめんなさい
でもそんな私も、沢山の仲間のお陰でどうにか2度目の統括をやっていくことができました!

プレゼン担当のみんなへ
「劇」の案が出た時は、本当に感動だった!
私は「より多くの人に物事を伝えるためには『伝え方』が大事」ってことを昔から思っていて、「劇」っていうのは、なかなかイメージ湧かないなーって人が多い「難民問題」を沢山の人に知って考えてもらうとっても良い方法だと思いました。雄太くんはじめ、役者たちの名演技!小道具の工夫!すごかったです。

グループワーク、会場・wish card担当のみんなへ
「交流会って名前なのに、あまり交流した感じがしなかった」という去年の反省を踏まえて、すっごく工夫して、細かく企画してくれたなーって思います。
その準備のお陰でファシリテーターもやりやすく、自分自身も楽しんだり、知的好奇心をくすぐられたりしながら、グループワークとwish card作成に参加できました。

展示担当のみんなへ
収容所にいる方々の作品の展示、収容所での生活の説明など、この問題をより分かりやすくお客さんに伝えるために工夫をいっぱいしてくれてありがとう。
作品は彼らの必死な思いを伝えることができるものから、彼らの「人」としての魅力を感じられる作品まで沢山あったと思います。
また、各チーム紹介のコーナーはCLOVERメンバーとしても、読むのが楽しかったです。

OP,ED,司会担当のみんなへ
去年の反省を活かし、今年は台本とかも作ってくれて、みんなが全体を把握しやすくしてくれたので、すっごく助かりました。
多分、これからの交流会の定番になるんだろうなーって私が勝手に思ってるEDのビデオも、沢山時間かけて作ってくれてありがとう。ゆずが難民問題に関する曲を作ってるんだ!ってのも新しい発見だった^^

広報担当のみんなへ
今回、これだけ沢山のお客さんが来てくれたのも、広報さんの努力のお陰だと思います。
みんなの取り組みも広報のみんながいるから、多くの人々に届けることができます。沢山の人と繋がることができます。
丁寧で細かい広報、ありがとう。
そして、フレッドも、素敵なポスターのデザインありがとう。

そして、今回の交流会に足を運んでくださったみなさん
本当にありがとうございました。
毎年、みなさんが来てくれて初めて「難民交流会」が完成します。
今回は、多くの方の様々な考え、バックグラウンドなどを知ることができ、
とても刺激を受けました。

最後に、私が今回のイベントで作ったwish cardに書いたことを紹介したいと思います

願うこと…
もっと「人」と「人」が繋がれる世界をつくりたい

したいこと…
難民問題という言葉の中にいる「人」に会いに行く
そして、その問題を知らない「人」に自ら伝える


「難民問題」という言葉を聞いても、イメージが湧かないなあという人は沢山いると思います。私もそうでした。ましてや日本に難民がいるということも、この団体に出会うまで知りませんでした。

現在の社会は、難民問題に関わらず、「人」と「人」の繋がりが薄れていっているように感じます。

「難民問題」という言葉の中には、そこで必死に生きている「人」がいます。家族を想う「人」がいます。私は面会を通してそれを実感しました。
また、難民を受け入れる大きな枠を作るのは「政府」ですが、その政府も「人」がつくっているものです。
日本全体として、この問題への取り組みが弱いのは、国民がその事実を知らないということが挙げられると思います。国民の「無関心」が政府を動かすことはないと思います。より多くの国民が、命からがら逃げてきた人のことを、収容所のことをもっと知り、この問題の解決を望めば、日本の体制を変えていくことができるのではないでしょうか。
だって、全て「人」がつくってるものだから、「人」と「人」が繋がって対話をしないと始まらないと思います!
だから私はこれからもCLOVERで、この問題を私という「人」から他の「人」へ伝えていきたいと思います。

長い文章、読んでいただきありがとうございました
22:35  |  その他の活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'01.29 (Sun)

広報チーム(*^^)v

こんにちは!!(^^)!
広報チームのきょうへいです

ここでは広報チームの紹介をしちゃいます(*^^)v
わが広報チームでは、当然ながらCLOVERの広報活動を行っています。
広報といってもいろいろで、CLOVERが関係するイベントの広報をするときもありますし、普段の活動も広報しています(主にこのブログで!!^^)

広報の仕事はビラ、ポスターづくりから(それらを)貼ってもらうための交渉、facebookやツイッター、ブログを通じた発信活動など、様々で多方面にわたっています。ができて、に出会えるのがこの仕事の魅力かもしれません!(^_-)-☆

正式なメンバーは現在、

くみさん
えにも
きょうへい

の3人で、少数精鋭(?!)なカンジで頑張っています!!

そこのアナタ!大学で何をしよう、何をしたらいいだろうと悩んでいるアナタ!!


ぜひ一度、CLOVERの広報チームをのぞいてみてください!!(*^_^*)
22:24  |  その他の活動  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。